トップページ >> 不動産コンサルティングマスター資格者

不動産コンサルティングマスター資格者

幅広い知識と経験をもつ、
不動産のプロフェッショナル。

社会経済環境の変化に伴い、不動産関連業務は高度化・複雑化してきており、個人・法人を問わず不動産に関するニーズも多様なものとなっています。「不動産コンサルティングマスター資格者」は、不動産に関する様々なニーズに的確に応えることのできる不動産のプロフェッショナルです。

 

選ぶべきはコンサルティング有資格者

理 由

不動産コンサルティングは狭き門です

不動産コンサルティング試験は、国土交通大臣認定資格です。宅地建物取引主任者や不動産鑑定士でなければ受験することができません。

不動産コンサルティングマスター資格者になるには試験に合格するだけでなく、5年間の実務経験が必要になります。

重 要

不動産コンサルティングマスター資格者は、不動産に関して幅広い知識と経験を有しているといえるのです。

不動産に関することならまずはお気軽にご相談下さい

  • 不動産コンサルティングフローチャート
  • @ご相談(お客様からアイズ)
  • Aお見積もり(アイズからお客様)
  • B業務委託契約を締結します(お客様とアイズ)
  • C調査、分析後、企画提案書の作成(アイズからお客様)
  • D企画の成立・実施(アイズからお客様)
  • Eアフターフォロー(アイズからお客様)
  • 安心のネットワーク:税理士や弁護士などの専門家ともネットワークで結ばれています

不動産コンサルティング技能登録制度に関して

(財)不動産流通近代化センターが、平成4年に国土交通大臣の認定を受け、平成5年度より実施している審査・証明事業のことをいいます。不動産コンサルティングに関する知識・技術を試験により審査し、合格者は、申請により同センターの登録(不動産コンサルティング技能登録)を受けることができるというものです。